どこへでも行けるドア
クロスプロモーションチームCroProのブログどんなブログ?

スマホゲームの
「マーケティングの有益な情報」をお届け!

スマホゲーム業界の「マーケティングに有益な情報」を徹底的にレポート! 世の中でもニッチだけど、とっても濃いメディアを目指しています。 ここでしか得られない貴重な業界情報満載です! ぜひご覧になってみてください。

トップページ > 媒体新書~美女編~ > 圧倒的ボリュームの『LINE Ads Platform』を詳しく知りたい!

圧倒的ボリュームの『LINE Ads Platform』を詳しく知りたい!

 

大変ご好評頂いております「媒体新書(美女編)」も今回でなんと4回目となりました! そんな第4回目の連載はLINE株式会社『LINE Ads Platform』のセールスマネージャーの池端 由基さんに、モデルの東條 恭子(とうじょう きょうこ)さんがインタビューしてきてくださいました。
※東條 恭子さんのプロフィール、フォトギャラリーはページの最後へ!


目次

『LINE Ads Platform』の特徴が知りたい!

『LINE Ads Platform』のイチオシ機能が知りたい!

『LINE Ads Platform』の考える今後の展開が知りたい!


初めまして!
モデルのお仕事を始め、出版物の翻訳なども手がけています、東條 恭子です。今日は宜しくお願いします!
東條さん、初めまして!
幅広いご活躍ですね!私はLINE株式会社の『LINE Ads Platform』でセールスマネージャーをしています池端 由基です。宜しくお願いします。
お願いします!コニーちゃんにもブラウンさんにも会えてうれしいです。

▲ウキウキが止まらない様子の言葉遣いが丁寧な東條さん。


『LINE Ads Platform』の特徴が知りたい!

・月間のアクティブユーザーが6,600万人の「LINE」上の広告プラットフォーム

・一つのメディアで完結させてマーケティング効率をあげる

 

あとでこのお二人とお写真撮ってもいいですか?あ、いっけない。
それはさて置き早速ですが、『LINE Ads Platform』の特徴を教えてください!
はい。現在『LINE Ads Platform』は、LINE内にある運用型の広告プロダクトで、「タイムライン」と「LINE NEWS」という二つの掲載面があります。

LINEユーザーは日本で月間のアクティブユーザー(MAU)が6,600万人ですが、うち「タイムライン」のMAUは5,300万人、「LINE NEWS」は4,100万人です。

『LINE Ads Platform』の大きな特徴として、非常に多くのアクティブユーザーを抱えている掲載メディアと言えます。
ヒャー!すごい数ですね。私もLINEは毎日、頻繁に利用しています。

「タイムライン」も「LINE NEWS」も、LINEユーザーのほとんどが利用しているのですね!
「タイムライン」の利用は若い子だけだと思っていました。
意外に思われるかもしれませんが「タイムライン」のユーザー属性を見ると、実はボリュームが多いのは10代~20代ではなく30代以上の年代です。

ゲームをだれもが携帯で気軽にプレイができるようになったことで、元々ゲーマーと呼ばれる方でない人も対象にゲームのマーケティングをされているかと思うのですが、このゲームの潜在層というか、ゲーマーではないけれど本当はゲームをプレイする可能性がある人たちがまさにこの「タイムライン」にはいらっしゃってアプローチすることができます。

「LINE NEWS」は逆に、10代~20代のユーザーの利用が1番多いです。30代以上のユーザー利用数で言うと、Yahoo!ニュースさんに次いで2位になります。ニュース番組を見たり新聞を読む習慣がない10代~20代のユーザーが、「LINE NEWS」というカジュアルにメッセージで届くニュースの形に慣れ親しんでいるのかなと考えています。
私は「タイムライン」と「LINE NEWS」の両方チェックするのが好きです!

▲「LINE NEWS」ユーザーの東條さん。取材班も「ホマキの引退」を始めとするビッグニュースはLINE NEWSで知りました。

ありがとうございます!
アプリ画面の下部にメッセージ機能と同じようにタブの一つとして表示されているので、東條さんのようにメッセンジャーと同列でご利用いただければと思っています。
この2つの掲載面に実際にどのように広告が表示されるんですか?
「タイムライン」では、他の投稿と同じ形式で1つの投稿のように自然な形で広告が表示されます。
「LINE NEWS」も同様に、ニュースを読み進めていくと一ニュースのような形で広告が表示されます。クリエイティブは動画と静止画の両方が選べます。
わー!自然な形で表示されるんですね!
この広告内にある「いいね」ボタンを押すと、ターゲティングされたりするんですか?
され・・・ないんです!
えっ、ええー!
これも『LINE Ads Platform』の特徴なんですが、これらの広告はアカウントからの投稿になるんですね。
通常他のSNSなど「いいね」を押すとその企業の投稿が自分のタイムラインに流れてくると思うのですが、LINEでは「いいね」を押してもその企業の投稿が流れてくることはありません。

アカウントの機能として友だち追加ができるので、本当にその企業の情報がほしいと思ったらこのアカウントを友だち追加をしてもらうことで、それ以降はタイムラインとプッシュメッセージで情報が届きます。
ユーザーが欲しい情報によって受取る形を選択できる設計にしています。
それはいいですね!欲しい情報にも、見逃したくないものとそこまででもないものがあります!

じゃあ「いいね」じゃなくてこの画像を押すと・・・?
企業のサイトやアプリのインストールの画面に飛びます。
友だち追加をしたわけではないのでプッシュメッセージで情報は届きませんが、一度クリックするとサイトに飛んで興味があるだろうとみなされるので、リターゲティングされて次以降タイムラインに出やすくなります。

これは『LINE Ads Platform』経由の「公式アカウント」という別のサービスにはなりますが、例えばゲーム会社さんが出稿されるときは、専用のアカウントを1つ作っていただくと、友だちに直接メッセージが送れたりタイムラインへの投稿が可能になります。
アカウントを運用するのが手間な場合は、広告配信用の隠れアカウントもご用意していますが、公式アカウントを作ると結構友だちが集まってくれるので、個人的には使用しないともったいないと感じます。
使いこなすとLINE内であらゆることが出来そうですね!
そうですね、今までいろんなゲーム会社さんとお話する中で、マーケティングの効率が下がっているとよく聞きます。
様々なユーザーが色んなところに分散しているので、広告も至るところに出してはいるけれど、その分一つ一つの広告や施策の効果がわかりづらかったり、効率も良くないですよね。
今後インフィードで広告を自然に見せる形と、プッシュメッセージで情報を届ける形をより使い分けていく予定です。

具体的には、LINEという一つのメディアの中で新規ユーザーとの接点から獲得、獲得した後のエンゲージメントとして最新情報をメッセージで届けてという形で、マーケティングの効率を格段に良くしていけたらと考えています。

▲「男性も効率良く仕事をこなす人が好きです」と東條さん。


『LINE Ads Platform』のイチオシ機能が知りたい!

・ターゲティングを絞りすぎずにブロード配信

・「オーディエンスデータ」とユーザーIDを使用

 

では池端さん、『LINE Ads Platform』のイチオシ機能について知りたいですー!
はい。LINEの一番の特徴は膨大なユーザーにリーチができることです。

うちのゲームユーザーは20代が多いなど、各社のこれまでの知見はあるとは思うのですが、『LINE Ads Platform』で広告を出稿いただくときは、まずはセグメントをかけずに広告配信をして、その後にリターゲティングで回収していくモデルをお勧めしています。
ターゲットを絞らずにブロード配信だけのアプローチで、パフォーマンスが合う企業さまもいらっしゃいます。
LINEならではですね!
はい!LINEならではで言うともう一つ。
LINEでは、住まいや性別、年齢などの個人情報は扱っていないのでユーザーのラインの中での行動を分析したオーディエンスデータを利用しています。

またAPIによって自社のユーザーIDとLINEが保有するIDを紐付けることでの、ターゲティング配信も可能です。インストールしたユーザーを除外したり、課金ユーザーに絞ったりといった指定した配信も可能なので、リターゲティング施策として「オーディエンスデータ」とユーザーIDを合わせてターゲティング配信をすると効率よく配信したいユーザーにリーチすることができると思います。

▲「行動分析されているんですね~恥ずかしいなぁ」照れ屋の東條さん。

確かに個人情報は登録したりしてないですね。便利だなー!
他にもイチオシの使い方ってありますか?
広告のクリエイティブで言うと、動画での出稿がオススメです。動画広告の方がパフォーマンスが良いですね。実際に今出稿されている広告の約40%から50%は動画のクリエイティブです。

動画クリエイティブと言っても、簡単な動画でも良くて、例えば通販化粧品の会社さんであれば届いた商品を箱の中から出しているだけの動画や、ゲーム会社さんならゲームの一部のシーンを切り出したものなど、ユーザーの手を止めさせることができれば効果は高いと思います。

急にタイムライン上に動いているクリエイティブがあると、思わず手が止まって見入ってしまうことでその先のアクションに繋がるといった、広告慣れしていないピュアなユーザーがLINEには多いと思います。
なるほど!またネイティブアドネットワークの「Hike(ハイク)」というのもあるんですよね?
はい、我々が持っているスマートフォン向けネイティブ広告プラットフォームで1,000を超える優良メディアに運用型広告の配信ができます。
『LINE Ads Platform』があるのに、また別のプラットフォームがあるんですか!
なぜ!!
『LINE Ads Platform』で何度接触しても動かせないユーザーがいたとしたら、それはLINEの基本機能であるメッセンジャーの部分のみを利用されていて広告の掲載面は見られていないということだと思うので、「Hike」と『LINE Ads Platform』の両方に出稿いただくことでまずLINE以外の優良メディアで接点を持って、その後にLINEでコミュニケーションを取るというように幅広くアプローチしていただく形が効率がいいのかなと思います。

『LINE Ads Platform』の考える今後の展開が知りたい!

 

なんだか不可能なことはないって気持ちがしてきました。
では、最後に今後の展望を教えてください。
そう言っていただけて恐縮です!
この先は、ターゲティング制度の向上といった広告のプラットフォームとしての機能開発に力を入れていきたいです。

個人の出身地や出身校などは一生変わらないと思うのですが、それ以外の興味・関心の部分は日々新しいものへの発見があり変化があると思います。
LINEの強みは、多くの方が毎日ログインをして、毎日多くのユーザーの感情が飛び交っている、それを追うことができるところです。
そういった、アクティブな情報とユーザーデータを掛け合わせて、リアルタイムでデータマイニングできればより精度が高くなるだろうと思っています。

また、アドプラットホームとメッセンジャーが今まで以上に連携できるともっと可能性が広がると思います。
メッセンジャーアプリだからこそ出来る新しい運用型の広告プラットフォームの形を作っていきたいです。
私も情報には敏感な方なので、ますます快適になりそうでうれしいです!

▲「意外に思われますが、たまに自分を見失う程の好奇心の塊です笑」

また設定したユーザー属性に応じて個別にメッセージを届けることもできる「LINEビジネスコネクト」という商材もあります。

エンゲージメントの強化として、ユーザーと企業が双方に快適な形でコミュニケーションを取ることのできる場所をご提供できればと考えています。
ゲームユーザーにとっても、問い合わせなどがLINEでできれば便利ですね!
はい!多岐にわたるアプローチ方法を試していただけると思います。
我々はLINEのプラットフォームなので、LINEのサービスも、LINEを経由したサービスでも、世の中のあらゆるサービスの入り口として、当たり前に使えるプラットフォームになっていけたらうれしいです。
ご相談いただければ『LINE Ads Platform』がなんとかしますという存在になれれば良いですね。
ますますLINEが好きになりました!!
本日はたくさんお話聞かせていただいて有難うございました!

▲「あのぅ、やっぱりコニーちゃんとブラウンさん、あと池端さんとお写真お撮りしてもいいですか?」「えっ・・あ・・ん?あ、はい」

 

profile

東條 恭子(とうじょう きょうこ) 1985年10月6日生まれ ananなど有名雑誌でモデルを務める傍ら、司会業や翻訳業(So Audrey オードリー・ヘプバーン 59のエレガンスルール)も手がける。
ブログ
http://ameblo.jp/kyoko-tojo/
Twitter
https://twitter.com/kyoko_tojo
インスタグラム
https://www.instagram.com/kyoko_tojo/

photo Galley

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回はどんな美女が登場するのか・・・お楽しみに!

前の記事へ多様なインフィードフォーマット広告をもつ『AMoAd』に注目!
第四回 Happy Elements株式会社 プロデューサー/マーケティングディレクター 松田 晃佑氏 「独立不撓の才能」の巻次の記事へ
トップページにはマーケティング関連記事へのリンクが満載です。ぜひご覧ください。