どこへでも行けるドア
クロスプロモーションチームCroProのブログどんなブログ?

スマホゲームの
「マーケティングの有益な情報」をお届け!

スマホゲーム業界の「マーケティングに有益な情報」を徹底的にレポート! 世の中でもニッチだけど、とっても濃いメディアを目指しています。 ここでしか得られない貴重な業界情報満載です! ぜひご覧になってみてください。

トップページ > 媒体新書~美女編~ > 多様なインフィードフォーマット広告をもつ『AMoAd』に注目!

多様なインフィードフォーマット広告をもつ『AMoAd』に注目!

 

大変ご好評頂いております「媒体新書(美女編)」。今回はなんとダンスが得意な現役アイドルの登場です! そんな第3回目の連載は『AMoAd』代表取締役社長の大久保 晶平さんに、アイドルの千代田 唯(ちよだ ゆい)さんがインタビューしてきてくださいました。
※千代田 唯さんのプロフィール、フォトギャラリーはページの最後へ!


 

目次

『AMoAd』の特徴が知りたい!

『AMoAd』のイチオシ機能が知りたい!

『AMoAd』の考える今後の展開が知りたい!


初めまして!
特技はチアリーディング、実家が神社で神主アイドルをやっています。千代田 唯です。 今日は宜しくお願いします!
千代田さん、初めまして!
神主アイドルとは渋い!チアリーディングいいですよね。私は『AMoAd』で代表取締役社長をしています大久保 晶平です。宜しくお願いします。

▲「わーカフェみたいな会社だなーオシャレ!」「ここはエンジニア向けの開発スペースですね」


『AMoAd』の特徴が知りたい!

・インフィードフォーマット広告にいち早く着手!現在も拡大中!

 

えっ渋いですか?巫女の格好で「恋ダンス」を踊ったりしているくらいイマドキですよ。あっ、違う。
それはさて置き、早速ですが『AMoAd』さんの特徴を教えてください!
巫女姿での「恋ダンス」は後ほど検索させていただきます。
はい、『AMoAd』は、インフィードフォーマット広告に早くから着手していて、マンガメディアや大手ブログ、キュレーションメディアなどを中心に拡大しているところが主な特徴です。
具体的にはどういったメディアがあるんですか?
『AMoAd』は株式会社ディー・エヌ・エーと株式会社サイバーエージェントとの合弁会社なんです。
そのため、ディー・エヌ・エーのコンテンツである「マンガボックス」や集英社さんや小学館さん等のマンガメディアに強いですし、サイバーエージェントグループでは"Profit-X"というインフィードに特化したSSPを保有しているので、そのSSPを通じて、幅広いキュレーションメディアや「Ameba」を始めとする大手ブログにもアプローチすることが可能です。
盛りだくさんですね!マンガやキュレーションメディアって、ゲームユーザーとの相性は良いんですか?
特にマンガメディアはゲームを始めとするエンタメ系のメディアのユーザーと相性が良いですね。相性が良い分、質も良いと思います。
実際に広告主さんから、ROASや継続率が高いといったお声をよく頂きます。
そうなんですね!グループには「Dynalyst」さんもいらっしゃいますが、『AMoAd』さんと「Dynalyst」さんの違いを教えてください。

▲「Dynalystさんとの違いが気になって昨日はよく眠れませんでした」「なんかすいません」

『AMoAd』は、まだアプリを使っていないユーザーをどう入れるかという新規獲得に特化していて、「Dynalyst」は、すでにアプリを使っているユーザーへのリターゲティングに特化しています。
目的がきちんと分かれているんですね!サイバーエージェントさんには”アドテクスタジオ”が共通であると聞きました!スタジオが持っているノウハウはグループ全体でフルに活用されているんですか?
細かい数字やお客様データ等は基本的に共有しないので、フルに活用ができるわけではないです。ただ、アドテクを横断で行っていてグループ内にDSPやSSPがあるからこそ、DSPとしての課題や、グループ外のSSPさんとやり取りさせていただく時に、SSPさんが求めるものが分かることができるという強みはあるかもしれません。

▲「アイドルが好きな女の子がアイドルになると、ファンが何を求めているのかわかるのと一緒ですね!」とちょっぴり得意げな千代田さん。

当事者ならではの強みですね!
では大久保さん、『AMoAd』のイチオシ機能について教えてくださいー!

『AMoAd』のイチオシ機能が知りたい!

・新機能「AfiO(アフィオ)」でROASに最適化した配信が可能!

 

はい、実は2月に新機能「AfiO(アフィオ)」をリリースしました。

具体的には、動画広告を軸にした成果報酬型のアプリプロモーション向けのプロダクトになります。CPIでの課金モデルとなるので、クライアント様の獲得にリスクの少ない形でご提供しております。

また測定ツールと連携して、インストール後のROASや継続率等を加味した配信・運用が可能です。それに伴い、いかに質が高いユーザーを多く抱えているメディアさんの在庫シェアを伸ばせるのかもポイントになります。
今はメディアさんの開拓により積極的に力を入れていて、おかげさまで既に案件数も豊富に抱えることができました。
「AfiO」は動画広告のみになるんですか?
今は動画のみです。各メディアさんが動画にチャレンジしてみたいという意見が多かったり、広告主さんとしても従来のバナーより、YouTubeなどの動画広告に興味を持たれることが多いので、メディアと広告主の両者のニーズを考えて動画広告という形にしました。

もちろんAMoAdとしては新商品の「AfiO」と既存の商品を合わせることで、動画に限らず静止画、バナーなど幅広い素材を活用することが可能です。

▲「AfiO(アフィオ)の、”Afi”は「ノンインセンティブCPIのAffiliate」、”O”は「オンラインビデオ」と「オプティマイズ」ですね」「あと、大久保さんの”O”ですね♪」

クリエイティブは御社で制作されているんですか?
「AfiO」に関してはグループ内の”渋谷クリップクリエイト”という動画制作の子会社と一緒に動画制作を行っています。そのことにより、質の高い動画広告を制作でき、結果としてより高い広告効果をあげることができています。

「AfiO」は、WEB面/APP面問わず、アイコン・テキスト等の素材を組み合わせたインフィード動画広告の配信が可能なので、ゆくゆくは『AMoAd』内でそれに伴ったクリエイティブの制作や、分析/最適化にも高品質のサポートができる体制を作っていく予定です。
CPI課金で安心して配信ができるし、獲得だけじゃなくて獲得後のパフォーマンスまで加味した最適化が可能なんですね!

▲「恋愛でも、目の前のことしか考えていない人より、先を見据えた誠実な考え方の人がタイプです」と千代田さん。


『AMoAd』の考える今後の展開が知りたい!

・配信の分析、最適化が高品質で行える体制の強化!

 

では、最後に今後の展望を教えてください。
はい。以前ですと例えばCPI500円で均一でといった形が主流だったかと思うのですが、現在は重要なのはどのくらいのコストでインストールできたかではなくて、インストール後のユーザーのアクティブ度合いかなと思います。
そのためアクティブに遊んでくれるユーザーを増やすために、きちんとユーザーが広告案件の内容を認識した上でインストールすること、またそれを最適なメディアごとに配信していくことを、よりシステム的に実施していけたらと思っています。

広告商品のパフォーマンスに向き合って分析をして最適化していく中で、重要なポイントを自動的に検出できるようにシステム化し、削減できた人的な工数をサービス体制であったり、クリエイティブを作る部隊に割り振れたらと思います。
広告運用をしていると、出せる媒体が限られていって苦しくなって行くんですよね・・・。
以前に比べるとメディアの種類も豊富ですし、ゲームユーザーも様々なメディアにいるので、運用変数が高くなるんですよね。そういった手間のかかる部分を『AMoAd』側でサポートしたり最適化していきたいです。

『AMoAd』はバナー、インフィード、動画など多様なフォーマットで、幅広いメディアへ配信できるので、まずは全フォーマットを導入いただき、その後自動最適化機能を導入することで、幅広く配信しつつも配信先を最適化していくことが理想です。
派手なものではないですけど玄人受けする部分の機能面を磨いていって、入札の管理をより一元化出来るようにしていきたいですね。
『AMoAd』さんにおまかせすれば、広告主さんは安心という状況になるんですね!
私も『AMoAd』さんになにか頼もうかな~。
本日はたくさんお話聞かせていただいて有難うございました!

▲「うち広告媒体の会社なんで・・・」「あっそうですよね~」

 

profile

千代田 唯(ちよだ ゆい) 1989年9月20日生まれ 東京都出身の神主アイドル。立教大学法学部卒業。東京MX GO!GO!九ちゃんフィッシング 準レギュラー、あいのり2や元バイトAKBなど多方面で活躍中。
ブログ
http://ameblo.jp/chiyodayui0920/
Twitter
https://twitter.com/chiyodayui0920
インスタグラム
https://www.instagram.com/chiyodayui0920/

photo Galley

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回はどんな美女が登場するのか・・・お楽しみに!

前の記事へ第三回 株式会社ディー・エヌ・エー Japanリージョンゲーム事業本部 宣伝部 グループマネージャー 佐藤 基氏 「好奇心が、加速する」の巻
圧倒的ボリュームの『LINE Ads Platform』を詳しく知りたい!次の記事へ
トップページにはマーケティング関連記事へのリンクが満載です。ぜひご覧ください。