どこへでも行けるドア
クロスプロモーションチームCroProのブログどんなブログ?

スマホゲームの
「マーケティングの有益な情報」をお届け!

スマホゲーム業界の「マーケティングに有益な情報」を徹底的にレポート! 世の中でもニッチだけど、とっても濃いメディアを目指しています。 ここでしか得られない貴重な業界情報満載です! ぜひご覧になってみてください。

トップページ > 媒体新書~美女編~ > 海外のネットワークとも繋がる『Zucks』をまるっと調査!

海外のネットワークとも繋がる『Zucks』をまるっと調査!

 

これが美女効果なのか?!大変ご好評頂いております『媒体新書(美女編)』!
前回の配信から早1ヶ月、お待たせいたしました~!
第2回目の配信は『Zucks』代表取締役CEOの西園 正志(にしぞの まさし)さんに、モデルの高原 愛(たかはら あい)さんがインタビューしてきてくださいました。
※高原 愛さんのプロフィール、フォトギャラリーはページの最後へ!

みなさん、こんにちは!
大学では化学生命工学を専攻、アンチエイジングフードマイスターの資格を持つ理系女子モデルの高原 愛です。
今注目のアドネットワークの会社『Zucks』さんの、渋谷のオシャレなオフィスにお話を伺ってきましたよー!

 

目次

『Zucks』の特徴が知りたい!

『Zucks』のイチオシ機能が知りたい!

『Zucks』の考える今後の展開が知りたい!


初めまして!
趣味は読書、最近はゲッターズ飯田さんの占いにはまっています。高原愛です。
今日は宜しくお願いします!
高原さん、初めまして!
読書がお好きなんですね。うちのクルーもよくこの部屋で読書していますよ。
私は『Zucks』で代表取締役CEOをしています西園 正志です。宜しくお願いします。
お願いします!ここ本当に素敵なお部屋ですね!わー、漫画もあるんだ。

▲本に囲まれて嬉色満面な高原さん


『Zucks』の特徴が知りたい!

・「Zucks Ad Network」と「Zucks Affiliate」の2つのプロダクトがある

・徹底した運用部隊を持っている

 

あ、いっけない。コホン。本のことはさて置き、
早速ですが、『Zucks』さんの特徴を教えてください!
はい。『Zucks』は、「Zucks Ad Network」と「Zucks Affiliate」の2つのプロダクトを提供しています。「Zucks Ad Network」はCPC課金、「Zucks Affiliate」はCPICPA課金のパフォーマンス型のプロダクトです。
両プロダクトに共通する特徴は『Zucks』内に運用部隊をもち、求められる成果にあわせて運用しているところです。
2つのパフォーマンス型のプロダクトがあるんですね。CPC 課金型とCPI課金型の違いがあるそうですが、表示される媒体も違うんですか?
同じ媒体に掲載されていることもありますが、広告が掲載されている形式や位置が異なります。
「Zucks Ad Network(CPC課金型)」では、*レクタングルやインフィード枠の表示形式が多いのに対し、
「Zucks Affiliate(CPI課金)」では、記事内で紹介したり、よりフォーマットにとらわれない掲載をするなど、それぞれの媒体ごとに最適な表示の工夫がなされています。
*レクタングル:Web広告の形状の一種で、正方形に近い長方形(300×250サイズ)の広告のことを言う。
なるほど~!
では、”運用部隊を持っている”というのは、具体的にどういうことですか?
『Zucks』では、営業部隊の他に、トレーディングデスクと呼ばれる効果最大化に特化した広告運用のスペシャリスト達がいます。
クライアント様とコミュニケーションを取る営業部隊とトレーディングデスクが必ずセットになり、クライアント様のニーズを意識した広告配信の細かい調整をすることで、日々広告効果の高い広告運用に努めています。

例えば社内では毎朝、営業部隊とトレーディングデスクが前日の数値を元に、
改善案を模索する打ち合わせを行っています。

▲勉強熱心な高原さんが今はまっている本は『チャイナ・スタディー

2つの部隊の合わせ技で、高い広告効果が出されているんですね!
その通りです!僕らは後発のスタートだったからこそ、目の前のお客様の期待に答えるべく施策を考え、その施策が適切に効いているかを細かく運用できる体制を作ってきました。一度出稿していただくと、その後も継続して利用してくださるお客様がほとんどですので、ご満足頂けているのかなと感じています。
その丁寧さが、広告の効果にも現れているんですね。
優秀なフロントさん、運用さんのお陰で信頼してお任せできますね!
ありがとうございます。
ちなみに、ゲームの案件が多いのも特徴なんですか?
ありがたいことに、今では大手スマートフォンゲームのご出稿はほとんど実施経験があるかと思います。
ゲーム攻略サイトなどゲームユーザーが多い媒体を中心に獲得していくのは基本ではあります。ただそれだけではなく、ゲーム自体の特性やクリエイティブの傾向にあわせ、ゲーム系メディア以外にも配信することで、新しいユーザーの獲得に貢献し、ボリュームの最大化を進めています。
効果を最適化しつつボリュームも最大化するんですね、いい仕事してますねぇ~。

▲な◯でも鑑定団のようなセリフを口にする高原鑑定員…じゃなかった、高原さん。

ではでは西園さん、『Zucks』のイチオシ機能について知りたいですー!

『Zucks』のイチオシ機能が知りたい!

・「Zucks Ad Network」のイチオシについて

・「Zucks Affiliate」のイチオシについて

 

はい、『Zucks』の2つのプロダクトについてお話しますね。まず、「Zucks Ad Network」のイチオシの動画広告配信です。
動画広告ですか!?ぜひぜひ教えてください!
はい。
動画広告配信は、通常のレクタングルバナーが掲載される箇所(インバナー)での掲載となります。
僕らは今グループ会社の中に「ゴールドスポットメディア」などの動画配信に強い第三者配信ツール(SSP)があるので、そこと連携しながら行っています。
静止画広告よりも動画広告の方がいいんですか?
まだ検証段階ではあるんですが、良い結果も出てきています。
今度動画の配信は市場全体でも伸びてくると思われますし、まずは1クリエイティブと捉えて頂き、是非チャレンジをしてほしいと思っています。

▲はじける笑顔がキュートすぎる高原さんは、スタバの豆乳ラテが好き。

そうですね!私も色んなことにチャレンジしていきたいタイプです!
では次に、「Zucks Affiliate」について教えてください。
はい!「Zucks Affiliate」のイチオシは、海外配信です。
海外配信?詳しく教えてください。
シンプルですが、世界中で利用されているアプリへの配信や、連携している海外ネットワークなどを介して、様々な国に配信できるため、全世界のモバイルユーザーに対してプロモーション展開することが可能です。
全世界!じゃぁ私が出演した広告が海外配信されたら、私も世界デビューですね!
そうなりますね!

▲海外配信について話が盛り上がるお二人

いやぁ、世界デビューもそう遠くなさそうです。
あっ、すみません。妄想しちゃいました。海外配信も可能と・・・(メモメモ)。

それでは、おすすめの出稿方法を教えてください。
「Zucks Ad Network」と「Zucks Affiliate」の両方利用される方が多いと聞いたんですが。
「Zucks Ad Network」と「Zucks Affiliate」では掲載面も違うので、両方利用していただいて、広告の費用対効果を最大化できればと考えています。実際に半数以上のお客様が継続的に両方出稿して頂いていますね。
継続出稿されてるんですね・・!効果は維持され続けるものでしょうか?
ただ継続しているだけだと、どうしても獲得数は落ちていく傾向にありますが、それを打破する施策は色々とあります。

例をあげると、クリエイティブの変更です。クリエイティブは消費していくものなので、多いところだと1週間に1回と、微々たる違いでも頻繁に変更しています。
また、クリエイティブを変えたタイミングで一度停止した媒体に再度配信することも有効ですよ。

▲リアクション抜群の高原さんは、大阪育ち。


『Zucks』の考える今後の展開が知りたい!

 

見せ方がカギなんですね~。媒体への理解が深まりました!
では、最後に今後の展望を教えてください。
2017年は、特にリエンゲージをテーマにしていきたいと思っています。
ゲームをするユーザーはスマホの普及によって大きく広がりましたけど、昔のような成長は難しくなってきています。
そうなると一人ひとりのユーザーさんに向き合うことが大切になってくるので、今いる一度獲得したユーザーさんの満足度をどう上げていくか、どう振り向いてもらうかというマーケティングが求められていると思います。
繰り返しになるかもしれませんが、僕らは、広告主さんの効果・成果に答えるネットワークにしていきたいと常々考えています。
そのためには、アルゴリズムの改善や、日々の運用の中で不正対策をしたり、データ連携の配信など、広告プラットフォームとして求められていることの質を一つ一つ上げていくことが大切だと思っています。
その結果、アプリの広告出稿を考える時に、ファーストチョイスとして『Zucks』の名前が出てくるといいなと思っています。
堅実に一歩一歩勧めていくことが大切なんですね。
なんだか媒体に限らず勉強になりました!
本日はたくさんお話聞かせていただいて有難うございました!

▲息ピッタリのお二人!西園さんは広告の話を、高原さんはモデルのポージングについてお互いに教え合っていました。。

 

profile

高原 愛(たかはら あい) 1990年1月5日生まれ 大阪出身のファッションモデル。関西大学 化学生命工学部卒業。2014トリンプ・イメージガールに選ばれるなど雑誌や広告、ファッションショーを中心に数々の仕事を経験している。
ブログ http://ameblo.jp/takahara-ai/
Twitter https://twitter.com/ai_takahara

photo Galley

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回はどんな美女が登場するのか・・・お楽しみに!

前の記事へ”アイドル×ファンが協力プレイ!?”「幻獣契約クリプトラクト」が新規獲得の新たなアプローチとして『SHOWROOM』を使ったオーディション企画を実施!
第二回 株式会社gumi PR戦略統括 羽入田 新氏 「眼光紙背に徹す」の巻次の記事へ
トップページにはマーケティング関連記事へのリンクが満載です。ぜひご覧ください。